【NISA vs. つみたてNISA】どっちがおすすめ?

【NISA vs. つみたてNISA】どっちがおすすめ? 投資

投資初心者で投資を始めようと思っているのだけど、NISAとつみたてNISAどっちが良い?
1年間の投資元本が40万円よりも多い場合は、どっちが良い?
どんな銘柄にどのように投資すれば良い?

こういった疑問に答えます。

【NISA vs. つみたてNISA】どっちがおすすめ?

投資を始めようと思っている、または始めたばかりの投資初心者は、NISAやつみたてNISAを検討し悩んでいる人も多いと思います。

今回は、NISAとつみたてNISAどっちがおすすめかだけでなく、おすすめ投資先・投資法もわかりやすく紹介していきます。

NISA と つみたてNISAの特徴を復習

NISA口座は開設してから5年間1年当たり投資元本120万円に対する含み益が非課税になる口座です。

NISA口座の説明



つみたてNISA口座は開設してから20年間1年当たり投資元本40万円に対する含み益が非課税になる口座です。

つみたてNISA口座の説明



NISA口座つみたてNISA口座のどっちを開設するかを毎年選択できるのが特徴です。

NISA・つみたてNISA口座

NISA vs. つみたてNISA どっちがおすすめ?

NISA口座つみたてNISA口座、どっちがおすすめかを検証します。

前提条件

●全世界株式に投資(過去50年間の平均リターン6.6%を使用)

●投資元本120万円で2021~2040年の20年間投資

●特定口座、NISA口座、つみたてNISA口座を比較(投資元本と期間を統一して比較)
 ①特定口座で120万円を20年間投資
 ②NISA口座で120万円を5年間投資後、特定口座で15年投資
 ③つみたてNISA口座で40万円、特定口座で80万円を20年間投資

検証結果

特定口座vsNISA口座vsつみたてNISA口座


NISA口座の2021~2025年の5年間の含み益は45.2万円になり、節税額は9.2万円になりました。
つみたてNISA口座の2021~2040年の20年間の含み益は103.6万円になり、節税額は21.0万円になりました。


税引後手取り額は①367.7万円②376.9万円③388.7万円となりました。
投資元本が40万円以下であっても、40万円より多くても、つみたてNISA口座を活用するのが一番リターンが良くなることがわかりました。


NISAとつみたてNISAを検証した結果、節税効果が高く、リターンが高いつみたてNISAがおすすめです。

1年間の投資元本が40万円よりも多い場合はどうすれば良い?

1年間の投資元本が40万円より多くても、つみたてNISAは節税効果が高く、リターン高く、一番おすすめなことがわかりました。

1年間の投資元本が40万円より多い場合、どのように投資するのが良いでしょうか。

節税効果を高めるために、このような優先順位で投資するのがおすすめです。

①つみたてNISAで1年間の投資元本の満額40万円を投資する

②働いている場合、iDeCoで掛金の満額(サラリーマンの場合27.6万円)を投資する


③特定口座等で残りの余裕資金を投資する

つみたてNISAのおすすめ投資先・投資法は?

おすすめ証券会社

楽天証券

SBI証券

おすすめ投資先(ポートフォリオ)
つみたてNISAのおすすめポートフォリオ
おすすめ投資法

●余裕資金で投資する

●非課税期間20年間は売却しない


●毎年つみたてNISA口座を開設し投資する


●毎月積立額は自由に設定してOK

まとめ

1年間の投資元本が40万円以下であっても、40万円より多くても、節税効果が高く、リターンが高いつみたてNISAをおすすめします。

まずはつみたてNISAで1年間の投資元本の満額40万円を投資するのが一番の節税につながり、残り余裕資金でiDeCoや他の投資をすることをおすすめします。

長期投資をすればリターンを最大化できます。
投資を始めたら何が起こっても最低20年間は売らないようにすることで、明るく豊かな人生を築ける可能性が高くなります。

日本人みんなが投資を知り、勝てる投資をして、豊かな人生を送ることを願っています。

※いかなる内容も将来の運用成績・収益を保証するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました